合宿免許へGO

最短期間で合宿免許を終えるためのポイントとは?

合宿免許を最短期間で終わりにしたいと考えている方も多くいるでしょう。ですが最短期間で終わらせようと思っていても、予定通りに進む保証はありません。

そこで合宿免許に参加するのであれば、どのような点に注意したら把握しておくことも大切です。また合宿免許の期間を終えた後の流れについての確認も忘れてはいけません。

合宿免許の最短期間はどのくらいか?

地元の自動車教習所に通うのではなく、短いで免許の取得を目指したいと考えている方もいるでしょう。そのような方であれば、合宿免許に参加するのも1つの手です。ここでポイントになるのが、合宿免許に参加すると、どのくらいの期間が必要になるのかという点です。

実際に必要な教習を終えられるのにどのくらいかかるのかという点は、人によって違いが見られます。最短のペースで行くとしたら、約2週間で終了できます。もちろん状況に応じての延長が必要になるケースもあるため、余裕をもってスケジュールの調整を行うことも忘れないようにしましょう。

学生の方であれば、夏休みなどの長期休みの期間で合宿免許に参加するというケースも多く見られます。ただし夏休みの期間の合宿免許は、人気のところだと予約が早めに埋まることもあります。そのため参加したいと考えているのであれば、早めにスケジュールを立てて予約を行うことも忘れてはいけません。

合宿終了後は地元の免許センターへ行く

合宿免許に参加する際に注意しなければならない点の1つに、免許が取得できるタイミングがあげられます。人によっては、合宿免許を終了=免許が取得できると考えている方も見られます。ですが合宿免許で行うことができるのは、必要な知識と技術を身に付けることのみです。

実際に免許を交付してもらうためには、合宿免許の卒業試験を突破した後で住んでいる都道府県の免許センターに行く必要があります。また自動車教習所で必要な知識や技術を学ぶ場合であっても、最終的には免許センターに行く必要があるという点は変わりません。

免許センターで交付してもらうためには、試験を受けて一定の点数以上の獲得が求められます。また合宿免許が終わってから一定以上の期間が経過してしまうと、仮免許が期限切れとなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

入校までの準備を確認しよう!

自宅を離れて合宿免許に参加する場合には、どのような持ち物が必要になるのか把握しておきましょう。必要な持ち物を忘れてしまうと、合宿の場所まで行ったのに入校できないという可能性もあります。問題なく合宿に参加できるようにするためにも、問題なく準備を整えておくことが大切です。

例えば合宿免許に参加するためには、住民票や本人確認書類、さらには印鑑が必要です。これらは入校の手続きに欠かせないものです。そして合宿免許の期間中は、寮などで暮らすことになるため自分の状況に合わせて必要な荷物を準備しましょう。

筆記用具などの学科の際に必要な荷物だけではなく、どのような荷物を持っていくのかもポイントの1つです。女性の方の場合だと、普段はサンダルやヒールのある靴を履くことが多いという方もいるかもしれません。ですが運転時はそれらの靴を履いて教習が受けられないので、運動靴などを用意しておくことも大切です。

また2週間分の着替えといっても、宿泊施設に洗濯機は用意されていることが多いので数日分の用意だけで問題ありません。

最短のためには勉強が欠かせない!?

最短期間で合宿免許の工程を終えるためのポイントには、時間の使い方に関するポイントもあげられます。2週間以上の異なる環境での宿泊となると、楽しい時間が過ごせると考えている方もいるでしょう。もちろん楽しむことも大切ですが、免許を取得するための勉強をするための期間だということも忘れてはいけません。

合宿免許の工程を無事に終えるためには、学科試験で90点以上を取得するなどの条件があります。試験ではややこしいひっかけ問題なども出題されるので、一度で合格できるようにするために休憩時間には勉強をすることも大切です。

また宿泊施設には、利用者が休憩時間を楽しめるための工夫がされているケースも多く見られます。インターネットが使える環境や漫画本が用意されていることもあるので、どのような休憩時間が過ごせるのかという点に注目して参加する合宿免許を選ぶのも選択肢の1つです。

技能教習の上達には人それぞれのペースがある

合宿免許を最短で終わらせようと思っても、思うように運転技術が上達せず時間がかかってしまう可能性があります。特に最短で終わらせなければと考えている方は、なかなか運転の課題がクリアできないと焦ってしまうということもあるでしょう。

ですが運転の技術がすぐに上達するのかという点は、人によって個人差が存在しています。一緒に参加している友達よりも上達のペースが遅いとしても、焦らずにゆっくりと練習していくことが大切です。また運転が上手くいかないときには、教習を見てくれている方に相談するのも1つの手です。

コツや気をつけるなどの点を確認していくことで、確実にステップアップしていくことにつながります。最短は2週間程度となっていますが、延長することも可能です。焦ってミスを繰り返すよりは、自分のペースで運転の技術をあげて確実に合格できるようにしていきましょう。

延長時の追加料金の確認も忘れずに!

合宿免許を最短期間で終わらせられなかった場合、気になるのが追加料金に関する項目です。卒業試験が不合格の場合、追加の講習や試験を受ける必要があります。

このときにどのくらいの費用が発生するのかというのは、合宿に参加する前に事前に確認しておくようにしましょう。実際に合宿免許の期間が延長するといっても、数日間であれば保証で追加料金は発生しないケースも多く見られます。

保証制度がどのようになっているのかという点は、参加する合宿免許に応じて異なります。そのため契約をする前に、どのような制度になっているのか確認することが大切です。保証期間を過ぎても必要な段階が終わらない場合には、食費や宿泊費も含めて1日1万円ほどの追加料金が発生します。

また保証期間は、ずる休みでさぼった回数が多かったなどの場合には適用されないこともあるので注意が必要です。保証期間がないもしくは短い合宿免許のほうが、費用は安いケースも見られます。ですが保証期間がある状況のほうが、精神的に余裕をもって合宿免許を行うことにもつながります。

状況に応じて判断しましょう。

Scroll To Top